ホーム
知る・楽しむ

工場のご紹介

工場のご紹介

マルコメが商品づくりの出発点とするのは、「お客様」。「よりおいしく、より楽しく、健康的に」をキーワードに、最新鋭の設備で現代のライフスタイルに合う、明日の食文化を創ります。

本社工場

仕込み棟は全自動化を実現。ハイテク化された衛生的な生産ラインにより、毎日たくさんの味噌がつくられ、全国へ発送されています。味噌の原料は、大豆、米、塩の3つ。味噌づくりには、芸術と言われるほど、さまざまな工程があります。

マルコメ お味噌が出来るまで

動画を見る
マルコメ お味噌ができるまで:お味噌の原料や麹の作り方など、お味噌ができるまでの工程をマルコメ君が分かりやすく教えてくれます!

各工程を写真を交え、詳しくご紹介します。

  • 麹づくりの工程[詳しく見る]
  • 大豆を蒸す工程[詳しく見る]
  • 大豆と麹・塩を混合する工程[詳しく見る]
  • 熟成・発酵の工程[詳しく見る]
  • 梱包・出荷までの工程[詳しく見る]

中央研究所

マーケット情報をもとに、ネットワークで情報を共有化。最新の分析機器を駆使して新商品開発に反映しています。手軽においしいみそ汁を飲みたい、というニーズをとらえた「だし入りみそ」はここで生まれました。

環境保護

マルコメでは、生産設備各種で厳しい審査をし、環境保護に積極的に取り組んでいます。その成果として、環境を重視したモデル工場として、高い評価を得ています。

排水浄化処理施設
工場で使用する1日あたりの水の量はおよそ1,500t。すべて浄化処理し、自然に戻しています。
関連リンク
マルコメ品質
味噌のこと
麹のこと
企業情報