ホーム
企業情報
プレスリリース

料亭の味 新TV-CM「母になれば篇」が2017年4月6日(木)より全国で放映開始

NEWS RELEASE

2017年3月30日

マルコメ株式会社

マルコメ株式会社(本社所在地:長野市安茂里883 代表取締役社長:青木時男)は、アニメでブランドの世界観を伝えるTV-CMシリーズの5作目として「料亭の味 無添加 母になれば篇」を、2017年4月6日(木)より全国エリアで放映開始します。

TV-CMについて

生みそとインスタントみそ汁のカテゴリーで売上No.1(※インテージSRI調べ)の料亭の味ブランドは、業界初のだし入りみそとして1982年にお客様の声から生まれました。ロングセラーとなった今も液状タイプの液みそをはじめ、チューブタイプの調味みそなど幅広いラインアップで多様化するニーズにお応えしています。

2014年4月には、「みそ汁のある風景には家族の絆、あたたかさが存在する」という思いから、料亭の味ブランドの世界観をアニメで描写していこうと「家族」をテーマにしたTV-CMを放映しました。これまでに「料亭の味 たっぷりお徳 母と息子篇」「同 即席生みそ汁 単身赴任篇」「同 カップみそ汁 夜食篇」「同 液みそ 上京篇」と計4作を放映、視聴者からインターネット上でも話題にされました。

今年、発売から35年目を迎える料亭の味ブランドは5作目として「料亭の味 無添加 母になれば篇」を、4月から全国で放映します。制作は、これまでと同じくアカデミー賞で短編アニメーション賞を受賞した実績もある映像制作会社のロボットに依頼しました。

CMストーリー概要

学校帰りの娘、果穂。帰り道で飾り気のない母、久子に声をかけられます。母は娘の友人に「あ、ミキちゃん!髪切った?」「いつも仲良くしてくれてありがとね」と話しかけます。美容院は半年に一回、洋服も買っていない様子の久子を恥ずかしく思う果穂。そんな久子を友人は「いいお母さんだよね」と話しますが、果穂にはそうは思えませんでした。

受験期に入って夜遅くまで勉強していた果穂は、おそらく自分に合わせて起きている久子に「寝なよ、私に合わせなくっていいって」と言います。「別に合わせてるわけじゃないわよ」と答える久子は、その後、疲れて机で寝てしまう果穂が風邪をひかないよう、そっとタオルケットをかけます。いつだって家族が一番で、いつも自分のことは後回しの母。お風呂をピカピカに磨き、晴れた日にはみんなのふとんを干し、取れてしまった果穂のシャツのボタンをつけ、疲れていても、具合が悪くても、毎日欠かさず家族のためにご飯を作る母。家族の健康を想い、だしを取り、豆腐を切り、みそ汁を作る。果穂は母をみて「そんなの何が楽しいの?」ずっと、そう思っていました。

そんな果穂が働き始めて数年の歳月が流れます。社会人として、大人の女性として成長した果穂が結婚して子供を授かります。そして久しぶりに実家の両親を訪ねます。そこには「おかえり」とやさしい声をかける久子が。果穂の胸に母への愛情が込み上げてきました。「私もお母さんみたいになれるでしょうか」「家族のことを一番に考えられるでしょうか」と。久子は、そんな果穂の気持ちを知ってか知らずか、これから母になる娘のために、からだにやさしいみそ汁を作り始めました。母の背中を見ていた果穂は、大きくなったおなかにそっと手をやりながら「手伝う」と歩み寄ります。

制作秘話

過去の作品を主人公にみていくと、1作目から順に「社会人になった息子」「幼い姉妹」「受験生の娘と父」「孫へ会いに来た祖母」となります。5作目となる今回は、主力の生みそを題材に「母」にフォーカスしました。当初は娘を取り巻く父や夫もキャラクターを細かく設定してデザイン画まで起こしたのですが、制作過程でより母と娘の距離感を演出したため、父と夫は存在を感じる程度の描写に止まりました。

CM概要

タイトル:
マルコメ「料亭の味」新TV-CM「料亭の味 無添加 母になれば篇」(30秒、90秒)
放映開始日:
2017年4月6日(木)より
地域:
全国
CMギャラリー:
https://www.marukome.co.jp/knowledge/cm/
CM閲覧URL:
https://youtu.be/teqcJ3Wgr4c(30秒ver.)
https://youtu.be/3uDDLXQu3ts (90秒ver.)

制作スタッフ

●クリエイティブディレクター
矢口隆(ロボット)
●企画
平田研也、伊藤衆人(ロボット)
●プロデューサー
山内雅登、森田亮(ロボット)
●ディレクター
平田研也(ロボット)
●アニメプロデューサー
大島美穂(ロボット)
●アニメディレクター
渡邉龍之介
●キャラクターデザイン/作画監督
中山智香
●アニメーション制作
日本アニメーション
●音響効果
徳永義明(ONPa)、渡邊拓海(ONPa)
●音楽プロデューサー
美登浩二
●作曲
コトリンゴ
●ポストプロダクション
イマジカ
●声優
果穂(娘)/池田葵、久子(母)/枝村みどり

マルコメ 新TV-CM「料亭の味 無添加 母になれば篇」(90秒)ストーリーボード

  • story01

    C1

    久子「また連絡する」
    友人「うん」
    久子「じゃあね」

  • story02

    C2

    果穂(オフNA)
    「いつからだろう、お母さんみたいになりたくないって思ってた」

  • story03

    C3

    久子「果穂ー!」

  • story04

    C4

    久子「あ、ミキちゃん!髪切った?」
    ミキ「はい!」
    久子「いつも仲良くしてくれてありがとね」
    果穂「やめてよ」

  • story05

    C5

    果穂(オフNA)
    「美容院なんて半年に一回だし、洋服買ってるところなんてみたことない」

  • story06

    C6

    ミキ「良いお母さんだよね」
    果穂「どこが?」

  • story07

    C7

    「…はぁ」

  • story08

    C8

    果穂「寝なよ、私に合わせなくていいって」
    果穂(オフNA)「いつだって家族のことが一番で」
    久子「別に合わせてるわけじゃないわよ」

  • story09

    C9

    果穂(オフNA)
    「自分のことは後回し」

  • story10

    C10

  • story11

    C11

    果穂(オフNA)
    「いつもお風呂をピカピカに磨いて」

  • story12

    C12

    果穂(オフNA)
    「晴れた日にはみんなのふとんを干して」

  • story13

    C13

  • story14

    C14

    果穂(オフNA)
    「私のシャツの、取れちゃったボタンをつけて」

  • story15

    C15

  • story16

    C16

    果穂(オフNA)
    「疲れていても」

  • story17

    C17

    果穂(オフNA)
    「具合が悪くても」

  • story18

    C18

    果穂(オフNA)
    「毎日欠かさず」

  • story19

    C19

    果穂(オフNA)
    「家族のためにご飯を作る」

  • story20

    C20

  • story21

    C21

    果穂(オフNA)
    「そんなの何が楽しいの?」

  • story22

    C22

    果穂(オフNA)
    「…って思ってた」

  • story23

    C23

    果穂(オフNA)「だけど」

  • story24

    C24

    (果穂の夫)「どうも、お世話になります」
    (果穂の父)「ああ、はいはい」

  • story25

    C25

  • story26

    C26

    久子「おかえり」

  • story27

    C27

    果穂「ただいま」
    果穂(オフNA)
    「ごめんなさい、お母さん」

  • story28

    C28

  • story29

    C29

    果穂(オフNA)
    「私もお母さんみたいになれるでしょうか」

  • story30

    C30

    果穂(オフNA)
    「家族のことを一番に考えられるでしょうか」

  • story31

    C31

  • story32

    C32

    果穂「手伝う」
    久子「いいわよ」
    果穂「やりたい」

  • story33

    C33

報道関係者様
からの
お問合せ先
  • マルコメ株式会社 広報部 PR課
  • 担当:須田、尾田
  • 電話 03-6892-0070
  • FAX 03-5285-3209
お客様
からの
お問合せ先
  • マルコメお客様相談室
  • 0120-85-5420
  • 月~金 9:00~17:00
  • (土・日・祝日・お盆・年末年始を除く)