ホーム
知る・楽しむ
味噌のこと

味噌の発祥と歴史

味噌のこと:味噌とは1,300年もの長い間、日本人の食生活を支えてきた伝統食品です。基礎調味料である「さしすせそ」の「そ」にあたり、微生物の力で作り出される発酵食品でもあります。
おいしいおみそ汁の作り方
マルコメの味噌を使った
おいしいおみそ汁の作り方はこちら。

味噌の発祥と歴史

お味噌は1,300年も、日本人の歴史を支えてきました。:お味噌は、私たち日本人に欠かせない“調味料”であり、栄養豊富な“大豆発酵食品”としても知られています。お味噌がいかに長く日本人の健康を支えてきたか、歴史を辿りながら見ていきましょう。

味噌の起源は古代中国の食品「醤(しょう/ひしお)」※1「豉(し/くき)」※2だと考えられています。日本に伝えられたのは、中国大陸や朝鮮を通って飛鳥時代の7世紀頃という説が有力です。「醤」という文字が日本で初めてみられるのは「大宝律令」(701年)で、「未醤」という文字が書かれておりこれが「みしょう」 ⇒ 「みしょ」 ⇒ 「みそ」と変化していったといわれています。

平安時代
味噌はぜいたく品
平安時代に初めて「味噌」という文字が文献に現れます。この頃味噌は今のように調味料として料理に使うものではなく、食べ物につけたり、なめたりしてそのまま食べていました。また、地位の高い人の給料や贈り物として使われるなど、庶民の口には入らない貴重品でした。
鎌倉時代
みそ汁登場
鎌倉時代に中国から日本へやってきた僧の影響で、すり鉢が使われるようになり、粒味噌をすりつぶしたところ水に溶けやすかったため、みそ汁として利用されるようになりました。みそ汁の登場によって「一汁一菜(主食、汁もの、おかず、香の物)」という鎌倉武士の食事の基本が確立されたと言われています。もともとは質素倹約を重視した食事とされていましたが、現代ではバランスの取れた食事のスタイルとして扱われています。
室町時代
味噌料理の発展
室町時代になると大豆の生産量が増え、農民たちが自家製の味噌を作るようになり、味噌が保存食として庶民にも浸透しました。今に伝わる味噌料理のほとんどがこの時代に作られたと言われています。
戦国時代
味噌は戦陣食
戦国武将たちは戦場での食料に必ず味噌を持ちました。当時、味噌は調味料であるとともに、貴重なたんぱく源でした。保存できる栄養食であったこともあり、干したり焼くなどして携帯しやすくしていました。武田信玄は「信州味噌」、豊臣秀吉、徳川家康は「豆味噌」、伊達政宗は「仙台味噌」というように、味噌づくりをすすめていました。
江戸時代
味噌文化が花開く
江戸の人口が50万人に達し、味噌の需要に対する生産量がまかないきれなくなりました。そこで、三河や仙台からどんど ん味噌が江戸に送られ味噌屋は大繁盛しました。また、江戸の人口は女性よりも男性が多く外食が発展し、味噌を使った料理も同時に発達していきました。みそ汁が庶民の味となって飲まれ始め、味噌が生活になじんでいきました。
昭和時代
味噌生産技術の発展
時代にともない、味噌の容器は樽から冷蔵庫へ収納しやすいカップへ変化してゆきました。また、昭和にはだしを取る手間を省いてもおいしいみそ汁を作ることができるだし入り味噌が登場し、社会進出する女性たちを後押ししました。

参考・引用文献一覧

関連リンク
麹のこと
おいしいおみそ汁の作り方
レシピ
マルコメ品質