ホーム
お客様相談室

よくあるご質問

よくあるご質問

糀(麹)に関するご質問

糀全般について

糀とはなんですか。
糀は、蒸した米・麦・大豆などの穀物に、コウジ菌を繁殖させたもので、みそ、しょうゆ、みりんのほか、日本酒、焼酎の醸造などにも使われている発酵食品の原料です。
糀によって食品の味わいや風味が増しておいしくなったり、体に良い成分が増したり、食品の保存性を高める効果が昨今注目され、人気が集まっています。
お肉をやわらかくすることができるのは、どの商品でしょうか。
酵素が残っているタイプであれば、たんぱく質を分解するので、肉質をやわらかくする効果があります。
各商品に酵素が残っているかどうかは、以下を参考にしてください。

■酵素が働く商品
生塩糀/生塩糀 こしタイプ/生しょうゆ糀/無添加 糀美人/米こうじ

■酵素が残っていない商品
塩糀ぽんず
リン・カリウムはどのくらい含まれているの?
リン・カリウムの量は下記の通りです。

生塩糀/100g中[カリウム 46mg・リン 43mg]

生塩糀・生しょうゆ糀について

生塩糀・生しょうゆ糀の「生」とはどういう意味ですか。生で食べても大丈夫でしょうか。
加熱や乾燥をしていない生タイプで、酵素の力が生きているという意味です。
加熱せずに、そのままお召し上がりいただけます。サラダやマリネ、和え物やお漬物などにご利用ください。
また、生しょうゆ糀は、お刺身に付けたり、たまごかけご飯にかけたりしてもお召し上がりいただけます。

「生」タイプの糀商品は、糀がでんぷんやたんぱく質を分解するための「酵素」が加熱失活せず残っている状態のものです。お肉やお魚などを漬けますと、酵素の作用ででんぷんを糖に、たんぱく質をアミノ酸に分解して、うまみが増すのと同時に、肉質をやわらかくする効果があります。ぜひお試しください。

生塩糀を使ったレシピ
生しょうゆ糀を使ったレシピ
商品の色が濃くなってきました。食べても大丈夫ですか。
原料のお米が分解された『糖』と原料中に含まれる『タンパク質やアミノ酸』が互いに反応することにより色が濃くなります。
この反応の進み具合は温度に影響され、特に夏場の暑い環境では変色が進みやすくなります。
色が濃くなっても体に害とはなりませんので、そのまま召し上がっていただいて差し支えはありません。
着色を防ぐためには、未開封でも冷蔵庫に保管することお勧めいたします。
生塩糀・生しょうゆ糀はどんな料理に使えるのでしょうか。
塩やしょうゆの代替としてお使いいただくことで、いつもの料理が上品に仕上がります。

塩糀揚げ鶏焼き塩糀鮭鶏肉ハンバーグ しょうゆ糀スタミナだれしょうゆ糀黒酢で食べる プリプリエビの水餃子、などなど、さまざまなバリエーションがありますので、以下よりご覧ください。

生塩糀を使ったレシピ
生しょうゆ糀を使ったレシピ

甘酒について

「プラス糀 糀甘酒」は、赤ちゃんは何か月くらいから飲めますか?そのままあげてもいいですか?
食塩が含まれておりますが微量ですので10ヶ月よりそのまま栄養補給としてお飲みいただいても大丈夫です。あまり濃い味を飲ませたくない場合は10ヶ月以降は3倍ぐらいに水で薄めて、1歳ぐらいなら2倍ぐらいに薄めることをお勧めいたします。(酒粕を使用した甘酒はアルコールを含むことがありますので、ご注意ください)
「プラス糀 糀甘酒」にアルコールは含まれていますか?
「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくったアルコール0%、無加糖の甘酒です。米糀からつくった甘酒は酵素の働きで、米のデンプンが糖化されて甘くなるため、無加糖でも米糀の甘酒ならではの、自然で濃厚な甘みを楽しめます。
米糀と酒粕でつくった甘酒の違いとは?
酒粕でつくった甘酒は、酒粕をお湯で溶いて砂糖を混ぜたものです。「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくった甘酒で砂糖を一切加えていない自然の甘みなのに対し、酒粕でつくった場合には、お砂糖を加えないといけないといった違いがあります。
甘酒と白酒の違い
一般的に米糀からつくった甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。一方、白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米糀を仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶしてつくった酒のことをいいます。
「乳児用規格適用」とは何ですか?
平成24年4月1日厚生労働省より、食品中の放射性物質の新基準値が適用されました。1歳未満のお子様対象の乳児用食品は、一般食品より低い基準値(※)が設けられており、そのことをわかりやすく示すために義務付けられたのが「乳児用規格適用」の表示です。
※一般食品 100ベクレル/kg、乳児用食品 50ベクレル/kg

無添加 糀美人について

ガス抜き穴から液漏れがありますが、大丈夫でしょうか。
無添加 糀美人は非加熱ですので、酵母菌の働きによって炭酸ガスが発生し、中のみそが盛り上がってきます。
その炭酸ガスによる膨張を防ぐためにガス抜き穴が開いていますが、みその熟成成分が「たまり」(旨みエキス)となって、みその上部に生じることがあり、これがガス抜き穴から漏れるのが、液漏れの原因です。
品質上問題ありませんが、液漏れを防ぐには、重ね置きしないようにしたり、冷蔵庫の中に保管するなどして酵母の働きを抑えてください。
みその容器がへこんでしまいました。なぜでしょうか。
温度の高いところから温度の低いところへ容器を移しますと、容器内の炭酸ガスがみそ中の水分に吸収されるため、容器内の気圧が下がってへこむことがあります。一度ふたを開けて、容器内の気圧を戻せば元に戻ります。

塩糀ぽんずについて

中栓がかたくて、あけられません。もしくは千切れてしまいます。うまくあける方法はありますか。
中栓は、真上ではなく、手前に引くことであけやすくなります。
塩糀ぽんずはどんな料理に使えるのでしょうか。
サラダにはもちろん、肉料理、魚料理など様々な料理にお使いいただけます。
塩糀ぽんずを使ったレシピを公開しておりますので、以下よりご覧ください。

塩糀ぽんずを使ったレシピ

米こうじについて

甘酒の作り方を教えてください。
甘酒の作り方は、以下のページをご覧ください。

甘酒の作り方

甘酒のほか、塩糀しょうゆ糀自家製みその作り方まで詳しく解説しています。

保存・賞味期限について

各商品の開封後の賞味期限を教えてください。
賞味期限は未開封で正しく保管された場合の期限です。
開封後は冷蔵庫で清潔に保管し、以下を目安に早めにお召し上がりください。

・生塩糀/しょうゆ糀…開栓から2ヶ月
・無添加 糀美人…おみそは傷むものではございませんので、賞味期限を目安にしてください。
カビや酵母が生えないようにするには、どうすれば良いですか。
・ご使用時は、乾いた清潔なスプーンをお使いください。
・ご使用後は、すぐにフタを閉めてください(フタを開けたままにしていると、空気中のカビや酵母が混入することがあります)。
・ご使用後は、すぐに冷蔵庫に入れてください(冷蔵庫から出したまま室内に置いておくと、商品の温度が上がり、カビや酵母が生えやすくなります)。
・開栓後の商品は、上記の目安にて早めにお召し上がりください。
関連リンク
商品情報
味噌のこと
麹のこと
企業情報