日本の発酵食 -食卓を飾る“菌未来”-

第三回:酒粕

2014/01/10

栗山さんが提案する酒粕レシピ

 ●豆腐となめこの粕汁

【材料(2人分)】

酒粕……30g

豆腐……1/4丁

なめこ……1袋

貝割れ大根……1/4パック

だし汁……2カップ

味噌……大さじ1

(作り方)

① 豆腐は1cm角くらいに切る。なめこは熱湯をかけておく。貝割れ大根は根元を切り、長さを半分に切る。

② 小鍋にだし汁を煮立て、豆腐となめこを入れて、2〜3分煮る。

③ ②の火をいったん止め、酒粕と味噌を煮汁で溶きのばしてから、鍋に加える。中火で1~2分煮る。貝割れ大根を加え、器に盛る。

●酒粕クリームのグラタン

【材料(2人分)】

酒粕……30g

生鮭(切り身)……2枚

ゆで卵……2個

ブロッコリー……1/2株

玉ねぎ……1/4個

バター……大さじ1

小麦粉……大さじ1

粉チーズ・パン粉……各適量

塩・こしょう……各適量

【作り方】

① 鮭は皮と骨を除き、食べやすく切って塩・こしょう少々をふる。ブロッコリーは小房に分け、茹でておく。玉ねぎは薄切りにする。酒粕は湯(分量外)1/3カップで溶く。

② グラタン皿の内側に薄くバターを塗り、①の鮭、ブロッコリーを並べる。

③ 小さめのフライパンにバターを溶き、弱火で玉ねぎを炒める。しんなりしてきたら、いったん火を止め、小麦粉をなじませる。再び弱火にかけ、炒めたら、酒粕を加える。まんべんなく混ぜ、トロリとしてきたら、塩小さじ1/2、こしょう少々を混ぜる。ひと煮立ちしたら、②の上にかける。粉チーズとパン粉をふり、予熱したトースターで8~9分焼く。

【酒粕の注意点】

※酒粕はアルコールを含んでいます。加熱することでアルコールは蒸発しますが、妊婦や子ども、アルコールに弱い方はご注意ください。

栗山真由美さん

栗山真由美さん

栗山真由美さん

短大卒業後、会社員、料理家のアシスタントを経て独立。素材の味を引き出すシンプルかつ、健康的なレシピに定評があり、主に雑誌や書籍を中心に活躍。旅好きとしても知られ、ポルトガル料理を中心にした料理教室「Amigos Deliciosos」を主宰する。著書は『こんなに使える酒粕のレシピ』(家の光協会)、『みんなの夜9時ごはん』(新星出版社)など多数。

http://castanha-2.petit.cc

「日本の発酵食 -食卓を飾る“菌未来”-」の他の記事を読む

To Top

このサイトについて

https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/
お気に入りに登録しました