大湯みほのぬか漬けロマン

Vol.13 きのこにぬかの旨味が凝縮!
「きのこ3種のぬか漬けパスタ」

2020/08/20

Vol.13 きのこにぬかの旨味が凝縮!「きのこ3種のぬか漬けパスタ」
Vol.13 きのこにぬかの旨味が凝縮!「きのこ3種のぬか漬けパスタ」

こんにちは!ぬか漬けマイスターの大湯みほです。
夏から秋へ…季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますよね。そんなときにおすすめなのが、ぬか漬けを日常的に食べて、食事の中に植物性乳酸菌を上手に取り入れること。食事の量は腹八分目、寝る3時間前までに済ませておくと、腸内環境にも良いといわれています。

今回は、3種類のきのこのぬか漬けを使いつつ、水菜と生ハムを加えてさっぱり仕上げたパスタをご紹介しましょう。こちらも簡単にできますので、忙しいときにも◎です!

きのこ3種のぬか漬けパスタ

  • [材料]
    しめじぬか漬け3分の1パック (5時間漬けたもの)
    しいたけぬか漬け2個 (5時間漬けたもの)
    まいたけぬか漬け3分の1パック (5時間漬けたもの)
  • <ポイント>
    きのこぬか漬けは、そのままぬか床に漬けてしまうと取り出しづらくなるので、ネットなどに入れて、別袋で漬けるといいですよ。

  • パスタ200g
    オリーブオイル適宜
    コンソメ顆粒小さじ2
    塩こしょう少々
    水菜4分の1束
    生ハム6枚
  • [作り方]
    1. 鍋にたっぷりの水と塩をひとつまみ入れて沸騰させたら、パスタを7分間茹でる。水菜を食べやすい大きさにカットする。
    2. しめじ、しいたけ、まいたけぬか漬けは、食べやすい大きさにカットする。フライパンを熱し、オリーブオイルを引いて軽く炒め、塩こしょうで味を整える。
    3. きのこを炒めたフライパンに、お湯をきったパスタを入れてサッと炒める。コンソメ、塩こしょうで味を整える。
    4. お皿に「3」を盛り、最後に水菜、手でちぎった生ハムをのせる。最後に、オリーブオイルを少々回しかける。

炒める具材はきのこのぬか漬けのみ!水菜をいっしょに炒めず、生ハムとともに後のせにするのもポイントで、ぬかの旨味が凝縮したきのことのバランスがgoodです!

みほが答える!
ぬか床のお悩み相談コーナー!

ここでは、私がよく質問されるぬか床を管理するにあたってのお悩み事例をご紹介します!

<よくある質問1>

ぬか床がどんどんしょっぱくなってきました。どうしたらいいのでしょうか?

A.
ぬか床をずっと使用していると、野菜を塩もみしてから漬けるため、塩が少しずつ足されていき、少ししょっぱくなったりすることがあります。
そんなときは、アミノ酸の多いキャベツや葉物を多めに漬けてみてください。すると、しょっぱさが薄れるかと思います。

それでもまだ塩気が多く感じる場合は、炒りぬかを少し足してみましょう。足しぬかをする際は、ぬか、水、塩をいっしょに入れるのが基本ですが、この場合は塩を足さず、ぬかと水だけを追加してみてください。ぬか床が耳たぶくらいの硬さになるくらいの水分量にすることはお忘れなく。

<よくある質問2>

ぬか床の保管場所は、どこがベストですか?

A.
ぬか床は、お手入れの中でも温度、湿度、管理がとても大切です。昔は、年間を通して風通しが良く、温度を平均に保つことができる「床下収納」という便利な場所のある家が多くありましたが、現代の住宅にはなかなかないですよね。

ぬか床を置く場所は、直射日光の当たらない、湿度の低い場所が◎。お風呂や窓の近く、温度が高くなる冷蔵庫の上やレンジの上などは避けましょう。
1日中、室温が1725℃程度に調整されているところであればどこに保管しても大丈夫です。

ただ、夏場など部屋の温度が高い季節は、エアコンなどで調節しないと、ぬか床のコンディションを保つのが難しいかもしれません。その場合は、諦めて一時的にぬか床をお休みさせて冷凍庫で保管する(※)のも手。

※冷凍保存の方法は、次の記事で紹介しています。「ぬか床のお悩み相談コーナー」をチェックしてください。
Vol.10 心も体もほっこり温まる「ぬかかぼちゃ豆乳グラタン」

一方、お休みしたくない方は、冷蔵庫保存をおすすめしますが、冷蔵庫では発酵が進みづらいので、いい感じに漬かるまで時間がかかってしまうのが難点ではあります。そのため、1週間に1度はぬか床を冷蔵庫から出して、常温に戻してからかき混ぜましょう。そうすると発酵が進みやすくなりますよ。

現在は、在宅ワークをしている方も多いので、夏場でもぬか床の管理もしやすくなるのではないでしょうか。この機会にぬか床を始めて、おうち時間を充実させましょう!

大湯みほさん

大湯みほさん

大湯みほさん

1981年生まれ。お笑いコンビ「チェリー☆パイ」での活動などを経て、祖母のぬか床を受け継いだことをきっかけに「ぬか漬け芸人」「ぬか漬けタレント」として本格的に始動。全国でぬか漬けにまつわるワークショップを開催するほか、テレビやラジオなどのメディアに出演してぬか漬けをPR中。2014年には初の著書「カラダいきいき!におわないぬか漬けレシピ」(SPACE SHOWER BOOKS)を発表している。

http://nukazuke-miho.hiho.jp/

「大湯みほのぬか漬けロマン」の他の記事を読む

To Top

このサイトについて

https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/
お気に入りに登録しました