大湯みほのぬか漬けロマン

Vol.16 副菜におすすめ!
「ぬか漬けポテトサラダ」
「ぬか漬け納豆挟み焼き」

2021/02/04

Vol.16 副菜におすすめ! 「ぬか漬けポテトサラダ」「ぬか漬け納豆挟み焼き」
Vol.16 副菜におすすめ! 「ぬか漬けポテトサラダ」「ぬか漬け納豆挟み焼き」

皆様、こんにちは!ぬか漬けマイスター大湯みほです。最近、おうち時間が増えたことで、新たな趣味としてぬか漬けを始めた…という声をよく聞きます。これはとてもうれしいことです!

ぬか漬けを食べはじめて私自身が実感していることは、おなかの調子が整うことで体が元気になったのはもちろん、以前よりお肌に自信が持てるようになりました。
ぬか漬けライフは、「続けること」が一番大切。毎日少しずつでもいいので、食生活に取り入れてみてくださいね。

それでは、今回もぬか漬けを使ったアレンジレシピを見ていきましょう。今回は、副菜としてぜひ活用していただきたいメニュー。調理はとても簡単なので、特別に2品ご紹介します!

ぬかの風味とマヨネーズの相性は抜群!
ぬか漬けポテトサラダ

  • [材料](4人分)
    じゃがいもぬか漬け2個 (皮つきのままボイルし、1日漬けた物)
    きゅうりぬか漬け2分の1本 (1日漬けた物)
    にんじんぬか漬け4分の1本 (1日漬けた物)
    玉ねぎぬか漬け4分の1個 (2日漬けた物)
    ゆでたまごぬか漬け1個 (1日漬けた物)
    マヨネーズ大さじ4
    少々
    ブラックペッパー適量
  • [作り方]
    1. きゅうり、にんじん、玉ねぎぬか漬けを、食べやすいサイズにカットする。
    2. じゃがいもぬか漬けの皮をむき、ボウルに入れてつぶす。
    3. ボウルの中に(1)と、ゆでたまごを軽くつぶして入れる。
    4. (3)にマヨネーズ、塩、ブラックペッパーを入れて味を整える。

酸味が効いた、さっぱりとしたポテトサラダに。ぬか漬けとマヨネーズはとても相性がいいことがわかる一品です。普通のポテトサラダよりも、お酒に合いそうですよ。

意外にも!?
納豆と絶妙に調和する
ぬか漬け納豆挟み焼き

  • [材料](3~4人分)
    きゅうりぬか漬け2分の1本 (1日漬けた物)
    にんじんぬか漬け4分の1本 (1日漬けた物)
    大根ぬか漬け3cm程度 (1日漬けた物)
    玉ねぎぬか漬け4分の1個 (2日漬けた物)
    納豆1パック
    油揚げ3枚
    ごま油大さじ2
    しょうゆ小さじ1
    サラダ油(焼くとき用)少々
    爪楊枝6本
  • [作り方]
    1. きゅうり、にんじん、大根、玉ねぎぬか漬けを、食べやすいサイズにみじん切りにする。
    ※食感を出すため、今回は気持ち大きめにみじん切りしています。
    2. ボウルに、(1)と納豆(味つけ調味料を入れた物)を入れて混ぜ合わせ、ごま油、しょうゆを加える。
    3. 油揚げを沸騰したお湯にくぐらせて油抜きをし、水分をしっかり拭き取る。
    4. 油揚げを半分にカットし、破れないようにそっと中を開く。その中に(2)の具を、油揚げの3分の2くらいの量を入れ、爪楊枝で止める。
    5. 熱したフライパンにサラダ油を引き、(4)を中火できつね色になるまで両面焼く。

発酵食品同士は、味の面でも栄養面から見ても、相性がいいといわれています。ただ、納豆は風味が強いので、同じく風味の強いぬか漬けと合うのだろうか…と思われるかもしれませんね。
ですが、心配は無用です!ぬか漬けの酸味とごま油のコクが、うまく納豆の風味と調和して、食欲が進む一品になっていますよ。ぜひやってみてください!

みほが答える!
ぬか床のお悩み相談コーナー!

ここでは、私がよく質問されるぬか床を管理するにあたってのお悩み事例をご紹介していきます!

<よくある質問1>

ぬか床をかき混ぜるときに、下から上にかき混ぜるのはなぜですか?

A.
ぬか床の中には、空気を好む産膜酵母菌や、空気を嫌がる酪酸菌、そのほか多くの乳酸菌が含まれています。そのため、ぬか床をかき混ぜて全体のバランスを整えることで、乳酸発酵を促す必要があります。
味噌を大量に作る際も、「天地返し」(下の部分と上の部分を入れ替える)という同じような方法がとられますよね。

<よくある質問2>

ぬか床から取り出したぬか漬けは、いつまでおいしく食べられますか?

A.
ぬか漬けは、ぬか床から取り出してすぐに食べるのが一番おいしいといわれていますが、ぬかを洗ってカットした後でも冷蔵庫保存であれば、3日目くらいまではおいしく召し上がれますよ。
2日目はしんなり味が染み込んでいる感じ、3日目は酸味が効いてくるタイミングと、変化を楽しめると思います。

漬けている時間もそうですが、ぬか漬けは日によって味の変化が出るのも特徴。人によってどのタイミングの味が好みかも変わりますので、初心者の方は、まずいろいろ試してみてもいいと思います。
自分好みの味に調整できるのがMYぬか床のおもしろさです。ぜひ、ぬか床生活を始めましょう!

大湯みほさん

大湯みほさん

大湯みほさん

1981年生まれ。お笑いコンビ「チェリー☆パイ」での活動などを経て、祖母のぬか床を受け継いだことをきっかけに「ぬか漬け芸人」「ぬか漬けタレント」として本格的に始動。全国でぬか漬けにまつわるワークショップを開催するほか、テレビやラジオなどのメディアに出演してぬか漬けをPR中。2014年には初の著書「カラダいきいき!におわないぬか漬けレシピ」(SPACE SHOWER BOOKS)を発表している。

http://nukazuke-miho.hiho.jp/

「大湯みほのぬか漬けロマン」の他の記事を読む

To Top

このサイトについて

https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/
お気に入りに登録しました