素晴らしき、ニッポンの味噌。

アウトドアでも味噌汁を楽しもう!

2016/04/05

山戸ユカさんが教える味噌玉レシピ

●味噌玉の作り方

【材料(1人分)】

味噌…大さじ1/2

鰹節(粉)…小さじ1/4

【作り方】

味噌に鰹節を加え混ぜ、団子状にする。

●ごま味噌玉の作り方

【材料(1人分)】

麦味噌…大さじ1/2

練りごま…小さじ1/4

いりごま…少々

【作り方】

麦味噌に練りごま、いりごまを加え団子状にする。

●鉄火味噌玉の作り方

【材料(4人分)】

ごぼう…10g(ささがきにする)

にんじん…20g(千切り)

まいたけ…20g(小房に分ける)

味噌…大さじ2

酒…大さじ1

【作り方】

① 小鍋にごぼう、にんじん、まいたけ、酒を入れて弱火にかける。

② 温まってきたら蓋をして、ごぼうとにんじんが少し柔らかくなるまで蒸し焼きにする。

③ ②に味噌を加えてよく混ぜ、水分が飛んでややもったりとしてくるまで火にかけ団子状にする。

★味噌汁にするときは★

お好みの具と一緒にカップに入れ、180~200ccのお湯で溶きお召し上がりください。

<注意点>

・味噌玉、ごま味噌玉は常温保存可能。鉄火味噌玉は冷蔵保存がおすすめです。

・冬山など寒い場所では味噌玉が冷えてしまい、お湯を注いでもぬるくなります。その場合は、コッヘルのお湯の中に味噌玉を入れて、温め直すといいでしょう。

山戸ユカさん

料理研究家

山戸ユカさん

料理研究家

山戸ユカさん

玄米菜食とアウトドア料理を得意とする料理研究家。2013年に八ヶ岳南麓に移住し、季節の野菜を中心としたレストラン『DILL eat,life.』をオープン。レストランでの料理教室も行っている。著書に『山戸家の野菜ごはん』(マーブルブックス)、『保存食で体をととのえる』(家の光協会)、『1バーナークッキング』(大泉書店)など。
自然を楽しむことを提案する編集ユニットnoyamaとしても活動し、共著に『つながる外ごはん』(小学館)、『noyamaのおつまみ いろは』(大泉書店)、『nature lesson book 外ごはん&外あそびをはじめよう』(文藝春秋)がある。

http://www.chanafood.com/

「素晴らしき、ニッポンの味噌。」の他の記事を読む

To Top

このサイトについて

https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/
お気に入りに登録しました