心ほっこり甘酒探究。

夏の味方!甘酒×フルーツの美しくなるレシピ。

2016/07/22

熱中症対策や美容にぴったりの組み合わせ。

 飲む点滴とも呼ばれ、江戸時代から夏の栄養ドリンクとして親しまれてきた甘酒。様々な栄養素をバランスよく含み、そのまま飲んでも熱中症対策におすすめな飲み物ですが、フルーツと組み合わせたアレンジ術を、栄養士でフードコーディネーターの藤岡操さんに教えてもらいました。

「米糀を使った甘酒に含まれるブドウ糖とフルーツに含まれる果糖は、熱中症対策にぴったりです。疲れ気味の人、そしてスポーツをする方にもいいですよ」

甘酒とフルーツの組み合わせは、美容面でも効果的。バナナなどに含まれるオリゴ糖や食物繊維は、腸内環境を良好に維持させる働きがあるといわれ、お肌も元気に。

身体を整えるために、朝ごはんやおやつに。

今回はマルコメの『甘酒』を使って、簡単に作れる3つのレシピをご紹介します。

スイカやキウイなどの果肉と甘酒を使った『甘酒フルーツアイスキャンディー』は、暑い夏に嬉しいスイーツ。フルーツに含まれるカリウムは水分代謝を促し、むくみ解消にも効果的です。

「ビタミンCは加熱には弱いものの、凍らせる場合は壊れません。冷えが気になる人は、少しおろしショウガを加えるのもおすすめ。アイスキャンディにするのが面倒ならジェラートにしてもいいし、製氷皿にフルーツと甘酒を入れて凍らせるだけでもいいですよ。フルーツもパイナップルや冷凍ベリーなどお好みでどうぞ」

『グレープフルーツとレーズンの甘酒ミントパフェ』は甘酒&ヨーグルトにレーズンを漬けたソースを使い、手軽でさっぱり。グレープフルーツの酸味と清涼感のあるミントの香りが甘酒の甘みを適度に抑え、飽きずに食べられる一品です。グレープフルーツの香りや苦み成分には食欲を抑える作用があり、夏太り対策にも。

「ヨーグルトでタンパク質補給もでき、栄養バランスがよいので、朝食やブランチにも。ソースは季節の果物にかけたり、パンに塗ってもおいしいです」

ベトナムの冷やしぜんざい風の『バナナと甘酒の冷たいチェー』は、バナナと大豆にビタミンB群が多く含まれているので、疲労回復に効果的。

「甘酒は一度だけではなく、続けることが肝心。朝食やおやつにしたり、ちょっと身体が重いなと感じた時にとったり。身体のリズムに合わせて、気軽に取り入れるといいと思います」

藤岡さんが提案する甘酒×フルーツレシピ。

<甘酒フルーツアイスキャンディー>

【材料(作りやすい分量)】

スイカ……適量(1カットぐらい)

キウイフルーツ……1個

【A】甘酒……250ml、砂糖…大さじ2

【作り方】

①スイカは種を除き、果肉を1cm角に切る。キウイフルーツは皮を剥いて1cm角に切る。

②ミニ紙コップなどに①を入れ、果肉に使い捨ての木製マドラーを刺してコップの真ん中に立て、よく混ぜ合わせた【A】を注ぎ入れる。マドラー部分に穴を開けてラップをかけ、冷凍する(マドラーが長い場合はキッチンばさみでカット)。

*砂糖の量はお好みで調整を。

*ジェラートにする場合は、甘酒と絹豆腐をビニール袋に入れて揉み、フルーツと混ぜて凍らせると滑らかに。カチカチになったら少し解凍して軽く揉むとよい。

<グレープフルーツとレーズンの甘酒ミントパフェ>

【材料(2人分)】

グレープフルーツ……1/2個

【A】甘酒……50ml、プレーンヨーグルト……1/2カップ、レーズン・クランベリーなどのドライフルーツ……大さじ1(約20g)

グラノーラ……適量

ミント……適量

【作り方】

①保存容器に【A】を入れてよく混ぜ、ひと晩以上冷蔵庫でおく。

②グレープフルーツは皮を剥き、果肉を取り出す。

③器にグラノーラ、グレープフルーツを盛って①をかけ、ミントをたっぷり添える。

<バナナと甘酒の冷たいチェー>

【材料(2人分)】

甘酒……1~2本(125~250ml)

バナナ……1本

ゆで大豆……1/2カップ

ピーナッツ……約10粒

【作り方】

①バナナは皮を剥き、スライス4枚を別にして耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて電子レンジで30~40秒ほど加熱してフォークなどで潰す。

②グラスに①、大豆を入れて甘酒を注ぎ、バナナのスライス、砕いたピーナッツをのせ、混ぜながら食べる。

*夏は冷やして、冬はホットでどうぞ。

 

〔使ったのはコチラの甘酒〕

『プラス糀 米糀から作った甘酒』

原材料は、米、米糀、食塩のみ。米糀の分解酵素の働きで、米・米糀由来のやさしい甘さが広がる。“スーパーフード”と呼ばれるほど栄養豊富で、適度な塩分を含んでいる甘酒は、夏場の水分補給にもおすすめ。

甘酒の作り方や甘酒を使った料理レシピなどを紹介 「マルコメの甘酒」ページはこちら

藤岡操さん

フードコーディネーター

藤岡操さん

フードコーディネーター

藤岡操さん

出版社勤務を経て独立。栄養士の知識を生かし、編集者として雑誌のダイエット企画やフードカタログを中心に編集、執筆に携わる。

フードコーディネーターとしてもレシピ作成、料理、スタイリングと幅広く活動中。

「心ほっこり甘酒探究。」の他の記事を読む

To Top

このサイトについて

https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/
お気に入りに登録しました