ホーム

マルコメの糀甘酒

自然の素材が体にやさしい、マルコメの糀甘酒。
どうして、マルコメが甘酒なの?

赤ちゃんも安心して飲める
お砂糖を使わないアルコール0%の糀甘酒。
実は、信州味噌に欠かせない米糀と発酵技術から
大切に、つくられています。だから、マルコメなんです。

糀甘酒の特徴

マルコメの「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくったアルコール0%、無加糖の甘酒です。
米糀が持つ分解酵素の働きで、米のデンプンが糖化されて甘くなるため、自然で濃厚な甘みがします。
スーパーフードと言われている甘酒をお楽しみください。

  • 無加糖でも感じる自然の甘み

    米糀が持つ分解酵素の働きで
    お米に含まれるデンプンが糖化されるため
    無加糖なのに甘さを感じます。

  • アルコール0%の甘酒

    米糀の甘酒は、酒粕から作られた甘酒と違い
    アルコール0%なので、お子様や妊婦さん
    授乳中のお母さんにもおすすめです。

  • 暑い日にも、冷えの対策にも、手軽に

    冷やしても、そのままでもおいしい甘酒。
    カートカンタイプは、フタを開ければ容器のまま
    電子レンジで温めてお飲みいただけます。

  • 栄養補給に、水分補給に

    飲む点滴と称されるほど、栄養が豊富。
    適度な塩分が夏の熱中症対策にもおすすめです。
    江戸時代には老若男女の栄養補給として飲まれていました。

※当製品は乳児用規格適用食品です。
※当製品に含まれる食塩は微量です。離乳後期の栄養、水分の補助飲料としてお飲みください。
小児栄養監修:山城 雄一郎(順天堂大学名誉教授)

江戸時代の甘酒について

冬の飲み物のイメージがある「甘酒」。山上憶良の『貧窮問答歌』にしても、その後の冬を謳った歌にしても、甘酒は冬の季語として登場していましたが、『現代季語事典』では、夏の季語となっています。甘酒がいつから夏の飲み物になったのかは定かではありませんが、江戸時代後期の嘉永6年(1853年)に完成した『守貞漫稿』という書物の中では、「江戸京坂(江戸・京都・大阪)では夏になると甘酒売りが市中に出てくる。一杯四文也」という記載があります。質素な食生活であった江戸時代、一杯四文であったこともあり、甘酒は夏の栄養ドリンクとして、頻繁に飲まれるようになりました。そして甘酒売りが夏の風物詩となり、季語も夏に移り、甘酒が夏の飲み物として定着していったのではないかと推測されます。(発酵食品学[講談社]より抜粋して引用)

江戸時代の甘酒

ページの先頭へ

商品ラインアップ

※カートカン入りの甘酒を温める際はフタをあけて電子レンジをご利用下さい

ページの先頭へ

糀甘酒を使ったおすすめレシピのご紹介

1日のはじまりから、おやつやお料理まで。そのまま飲む以外にも、様々に活用することができます。

SnapDishユーザー投稿のレシピ写真公開!

ページの先頭へ

「米こうじ」を使って甘酒を作ってみよう!

甘酒メーカー糀美人を使って作る

炊飯器を使って作る

炊いたご飯からの作り方

甘酒の材料

材料(できあがり分量 約500cc)

・プラス糀 国産米使用
米こうじ…100g(1袋)

・ご飯…200g

・お湯(70℃くらい)
又は水…300cc

用意するもの

・プラス糀 甘酒メーカー
糀美人MP101

・はかり ・計量カップ

・温度計 ・スプーン

※道具は、熱湯消毒をしてから
ご使用ください。

動画を見る

甘酒の作り方
  • 甘酒メーカーの調理容器に
    ご飯とお湯(又は水)を加え
    よくかき混ぜながら冷ます。
    ・冷たいご飯の場合
    お湯とご飯を混ぜながら60℃くらいにしておく
    ・炊きたてのご飯の場合
    ご飯と水を混ぜながら60℃くらいにしておく
    熟成を始める時に60℃くらいに
    しておくことが重要です。
    冷めたら米こうじを加え
    スプーンなどでよくかき混ぜる。

    手順01手順02

  • ①の調理容器を本体にセットし
    タイマーを8時間、温度を55℃に設定
    スタートボタンを押したら熟成開始!

    手順03

  • 途中3回ほどかき混ぜる。

    手順04

  • 「ピッピッ」と鳴ったらできあがり!
    甘みが出ていれば完成。
    ※できあがり目安は、お好みの甘さになった時です。熟成時間が長いほど甘く仕上がります。※甘みが少ない場合は保温時間を
    延長してください。

    手順05

    ※水やお湯を足してお好みの濃さに調整してください。

おかゆからの作り方

甘酒の材料

材料(できあがり分量 約580cc)

・プラス糀 国産米使用
米こうじ…100g(1袋)

・米…0.5合(75g)

・水…白米の2合の目盛

用意するもの

・プラス糀 甘酒メーカー
糀美人MP101

・はかり ・計量カップ

・温度計 ・スプーン

・炊飯器

※道具は、熱湯消毒をしてから
ご使用ください。

  • お米を洗い浸水させ、炊飯器でおかゆモードを使って炊き
    60℃くらいに冷ます。
    ※炊飯モードで炊くと炊飯器が故障することがあります。
    取扱説明書をご確認ください。

  • 甘酒メーカーの調理容器に①のおかゆと米こうじを加え
    スプーンなどでよくかき混ぜる。

  • ①の調理容器を本体にセットし
    タイマーを8時間、温度を55℃に設定
    スタートボタンを押したら熟成開始!

    手順03

  • 途中3回ほどかき混ぜる。

    手順04

  • 「ピッピッ」と鳴ったらできあがり!
    甘みが出ていれば完成。
    ※できあがり目安は、お好みの甘さになった時です。熟成時間が長いほど甘く仕上がります。※甘みが少ない場合は保温時間を
    延長してください。

    手順05

    ※水やお湯を足してお好みの濃さに調整してください。

注意事項

  • ・温度が50℃以下になると雑菌が増える場合があります。
  • ・温度が高すぎると酵素が失活し、糖化しなくなります。また、温度が低いと糖化が進みにくくなります。
  • ・冷蔵後、冷凍後は、お早めにお召しあがりください。
  • ・材料の分量は目安です。お好みで調整いただけます。
  • ・雑菌が気になる場合は、できあがり後に一度お鍋でひと煮立ちさせる事をお勧め致します。

甘酒メーカー糀美人の購入はこちら

炊いたご飯からの作り方

甘酒の材料

材料(できあがり分量 約500cc)

・プラス糀 国産米使用
米こうじ…100g(1袋)

・ご飯…200g

・お湯(70℃くらい)…300cc

用意するもの

・炊飯器 ・しゃもじ

・はかり ・計量カップ

・温度計 ・布巾

※道具は、熱湯消毒をしてから
ご使用ください。

  • 炊飯器を保温にしてご飯、70℃くらいのお湯を加え
    よくかき混ぜる。すぐに50℃くらいまで下がるので
    フタを閉めてしばらくそのまま保温し、一旦60℃くらいにする。

  • ①に米こうじを入れて、よくかき混ぜる。

  • 炊飯器のフタを開けたままにして50~60℃くらいを保つ。
    その際、雑菌が入らないよう布巾などをかける。
    時々混ぜながら、5〜10時間で完成。
    温度が上がりすぎた場合は、保温を切りかき混ぜて冷ます。
    下がりすぎた場合は保温のままフタを閉めてしばらくおく。
    ※できあがり目安は お好みの甘さになった時です。
    熟成時間が長いほど甘く仕上がります。

おかゆからの作り方

甘酒の材料

材料(できあがり分量 約1kg)

・プラス糀 米こうじ 300g

・米…1合(150g)

・水…白米の4合の目盛

用意するもの

・炊飯器 ・しゃもじ

・はかり ・計量カップ

・温度計 ・布巾

※道具は、熱湯消毒をしてから
ご使用ください。

  • お米を洗い浸水させる。
    炊飯器でおかゆモードを
    使っておかゆを炊く。
    ※炊飯モードで炊くと炊飯器が故障することがあります。取り扱い証明書をご確認ください。

    手順01

  • おかゆが炊けたら炊飯器の
    スイッチを切り、しゃもじで混ぜて60℃くらいに冷ます。
    米こうじを入れ、よくかき混ぜる。

    手順02

  • 炊飯器を保温にする。
    フタを開けたままにして
    50~60℃くらいを保つ。
    その際、雑菌が入らないよう
    布巾などをかける。
    時々混ぜながら、5〜10時間で完成。

    手順03

    温度が上がりすぎた場合は、保温を切りかき混ぜて冷ます。
    下がりすぎた場合は保温のままフタを閉めてしばらくおく。
    ※できあがり目安は お好みの甘さになった時です。
    熟成時間が長いほど甘く仕上がります。

注意事項

  • ・炊飯器の機種によって温度を保つことが難しい場合があります。取扱説明書をご確認ください。
  • ・温度が50℃以下になると雑菌が増える場合があります。また、温度が低いと糖化が進みにくくなります。
  • ・温度が高すぎると酵素が失活し、糖化しなくなります。(おかゆは60℃くらいまで冷ましてください)
  • ・冷蔵後、冷凍後は、お早めにお召しあがりください。
  • ・材料の分量は目安です。お好みで調整いただけます。
  • ・雑菌が気になる場合は、できあがり後に一度お鍋でひと煮立ちさせる事をお勧め致します。

ページの先頭へ

甘酒に関するQ&A

「プラス糀 糀甘酒」は、赤ちゃんは何か月くらいから飲めますか?そのままあげてもいいですか?
食塩が含まれておりますが微量ですので10ヶ月よりそのまま栄養補給としてお飲みいただいても大丈夫です。あまり濃い味を飲ませたくない場合は10ヶ月以降は3倍ぐらいに水で薄めて、1歳ぐらいなら2倍ぐらいに薄めることをお勧めいたします。(酒粕を使用した甘酒はアルコールを含むことがありますので、ご注意ください)
「プラス糀 糀甘酒」にアルコールは含まれていますか?
「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくったアルコール0%、無加糖の甘酒です。米糀からつくった甘酒は酵素の働きで、米のデンプンが糖化されて甘くなるため、無加糖でも米糀の甘酒ならではの、自然で濃厚な甘みを楽しめます。
米糀と酒粕でつくった甘酒の違いとは?
酒粕でつくった甘酒は、酒粕をお湯で溶いて砂糖を混ぜたものです。「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくった甘酒で砂糖を一切加えていない自然の甘みなのに対し、酒粕でつくった場合にはお砂糖を加えないといけないといった違いがあります。
甘酒と白酒の違い
一般的に米糀からつくった甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。一方、白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米糀を仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶしてつくった酒のことをいいます。
「乳児用規格適用」とは何ですか?
平成24年4月1日厚生労働省より、食品中の放射性物質の新基準値が適用されました。1歳未満のお子様対象の乳児用食品は、一般食品より低い基準値(※)が設けられており、そのことをわかりやすく示すために義務付けられたのが「乳児用規格適用」の表示です。
※一般食品 100ベクレル/kg、乳児用食品 50ベクレル/kg
糀甘酒1000mlの注ぎやすい方法はないでしょうか?
甘酒イメージ03容器を持っている逆の手で注ぎ口(蓋)に軽く指を添えて頂き、蓋が全開にならないようにし、蓋の内側に甘酒が当たるように注いでください。
お召上がり後は、蓋の周りをきれいにふき取ってから冷蔵庫にて保存頂き、できるだけ早くお召上りください。
甘酒イメージ01 甘酒イメージ02

ページの先頭へ