お客様相談室

お客様からのご意見・ご質問などを承り、
商品の更なる開発・改善に活かしています。

よくあるご質問

最近よくいただくお問合わせ

味噌の色がいつもと違って濃い茶色で、汁も出ているのですが大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

汁は味噌の熟成成分の「たまり」(旨みエキス)です。
味噌の上部に【醤油のようなものが】生じることがありますが、品質には問題ありません。
カップの中で味噌の部分と混ぜてお使いください。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/023/
糀甘酒がミルクティーの色みたいになっていたのですが、大丈夫ですか。
保存料等を加えない製品特性上、 保管方法によっては色が濃くなってしまうことがあります。
甘酒の色の変化につきましては、甘酒の原料であるお米が分解された「糖」と、
分解された「タンパク質やアミノ酸」が互いに反応することによって起こります。(メイラード反応といわれています)
尚、飲んでも身体の害になることはありません。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/114/
糀甘酒は、常温保管でも大丈夫ですか。
未開封の場合は常温でも保管できます。しかし温度が高くなると色が濃くなり風味に変化が出る可能性があります。
冷蔵庫(10℃以下)での保管をおすすめしています。開封後は必ず冷蔵庫にて保存してください。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/117/
甘酒メーカーで甘酒を作った後に加熱をすると酵素が死んでしまいますが、加熱しないとダメなんでしょうか。
できたてをすぐにお飲みになる場合には、そのままお飲みいただいても問題ありませんが、
飲みきるまでに2~3日要する場合は、加熱をお勧めします。加熱すると多少保存期間が長くなります。
酵素は失活(活動しなくなる)していますが、熱に弱い一部の栄養素を除き、栄養成分は残っています。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/133/
大豆粉ときな粉の違いは何ですか。
きな粉は煎った大豆を粉にしたものです。
大豆粉は低温焙煎したもので、生に近い成分も残っています。
大豆粉は必ず加熱調理をしてお召し上がりください。
加熱せずにそのまま召し上がらないようにしてください。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/182/
URLをコピーしました

マルコメコミュニティ

marukome community 新商品についてディスカッションしたり、イベントへ参加したり気軽に参加できるコミュニティです。

オンラインショップ

ページトップへ
お気に入りに登録しました