よくあるご質問

目的・内容から探す 「品質について」

検索結果38

味噌は、色が変わると風味はかわりますか。塩辛くなりますか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/009/
パッケージのガス抜き穴から液漏れがありますが、大丈夫ですか。

無添加味噌は非加熱ですので、酵母菌の働きによって炭酸ガスが発生し、中の味噌が盛り上がってきます。
その炭酸ガスによる膨張を防ぐためにガス抜き穴が開いていますが、
味噌の熟成成分が「たまり」(旨みエキス)となって、味噌の上部に生じることがあり、
これがガス抜き穴から漏れるのが液漏れの原因です。

体に害とはなりませんので、そのまま食べても問題はありません。
液漏れを防ぐには、穴を塞ぐような重ね置きをしないようにしたり、 冷蔵庫に保管することで酵母の働きを抑えられます。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/010/
未使用の味噌の上のほうに白いものが出ているのですが、大丈夫ですか。

以下の3つの可能性が考えられます。
①チロシン
異臭がなく、白い粒の場合は、熟成過程にできるアミノ酸の一種で、無害です。
チロシンは、タンパク質を構成しています全20種類のアミノ酸の一つであり、
他の食品ではタケノコの水煮に白色の物質としてよく見られます。
味噌においては熟成の段階で、大豆のタンパク質の分解が進むとチロシンが生じますが、
これは水に溶けにくい性質があるため、商品の味噌中に結晶として現れたり、
紙シートの上または下に白く現れることがあります。

チロシン


②産膜酵母
みその香り以外の異臭がして白い粒がある場合は、酵母の一種のため、取り除いてください。

③パーチメント紙
パーチメント紙(紙シート)は、味噌に触れてない箇所が白く見えます。
紙の特性なので、味噌の品質には問題はありません。

パーチメント紙

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/011/
味噌の上の方が白っぽくなってしまったのですが大丈夫ですか。

冷蔵庫の冷気があたる場所に保管していると、白くなることがあります。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/012/
未開封のままの味噌ですが、側面に青黒いカビみたいなものが見えるのですが大丈夫ですか。

原料である大豆が黒く着色したものです。
蒸す際あるいは熟成段階にてごく稀に着色するものがあります。
こちらは製品に入っていても異常品ではありません。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/013/
味噌を冷蔵庫に入れておいたら一部分だけ白くなっていたのですが大丈夫ですか。

冷蔵庫の冷気があたる場所に保管していると、白くなることがあります。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/014/
未開封のままの味噌ですが、横から白い物が見えるのですが、大丈夫ですか。

エージレス(脱酸素剤)が味噌の中に埋もれないようにするために敷いてあるパーチメント紙(紙シート)です。
開封してパーチメント紙を剥いで何か異物があればご連絡ください。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/015/
味噌の真ん中あたりが高く、その横がくぼんでいて、そこの場所の紙が白くカビているのですが、大丈夫ですか。

パーチメント紙(紙シート)は、味噌に触れていない箇所が白く見えます。
紙の特性なので、味噌の品質に問題はありません。

パーチメント紙

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/016/
味噌の上の紙のところに白いカビのようなものがあるのですが大丈夫ですか。

パーチメント紙(紙シート)は、味噌に触れていない箇所が白く見えます。
紙の特性なので、味噌の品質に問題はありません。

パーチメント紙

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/017/
味噌の上の白い紙ですが、エージレスのまわりが白くなっているのですが大丈夫ですか。

パーチメント紙(紙シート)は、味噌に触れていない箇所が白く見えます。
紙の特性なので、味噌の品質に問題はありません。

パーチメント紙

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/018/
味噌の上のシートをよけたら、丸くなっているのですが、大丈夫ですか。

注入の際のノズルの跡なので、品質に問題はありません。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/019/
味噌に白いものが出ていて、いつもより、味噌が緩くて、汁が出ているんです。

上部にでる白い成分は、熟成過程にできるチロシンというアミノ酸で、無害です。
また味噌の熟成成分が「たまり」(旨みエキス)となって、
味噌の上部に生じることがありますが、品質には問題ありません。
物流段階等の温度などによって味噌の状態に差がでることもあります。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/020/
買い置きの味噌の色が濃くなりました。食べても大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/021/
棚に置いた買い置きの味噌が茶色くなっていますが、大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/022/
味噌の色がいつもと違って濃い茶色で、汁も出ているのですが大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

汁は味噌の熟成成分の「たまり」(旨みエキス)です。
味噌の上部に【醤油のようなものが】生じることがありますが、品質には問題ありません。
カップの中で味噌の部分と混ぜてお使いください。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/023/
味噌を2~3ヵ月常温で置いたら真っ黒になっていますが、大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/024/
収納していた味噌が赤みそになっていますが、大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/025/
味噌を買い置きをして、キッチンの日の当たらない常温の所に保存しておいたら、
色が黒くなってしまったんですけど、食べても大丈夫ですか。

色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/026/
最近、味噌の味が変わりましたか。塩辛く、甘味を感じません。よく見ると色が濃くなっています。

商品の味は変わっていません。
色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/027/
同じ商品で、異なる種類の味噌を使うことはあるのですか。今回の購入した味噌は色が濃いです。

味噌は1種類のみです。
色が濃くなる現象(褐変)は、どんな味噌でもおこる味噌の特徴です。
特に夏場の暑い環境では急速に褐変が進みます。
色が濃くなっても、体に害とはなりませんので、そのまま召し上がっていただいて差し支えはありません。
極度の褐変は、味噌の風味に変化が現れます。
おいしさを保つために、ご購入後は未開封の状態でも冷蔵庫での保管をお勧めします。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/028/
味噌を開封して冷蔵庫に入れておいたら、上に醤油のようなものが溜まってきました。食べても大丈夫ですか。

味噌の熟成成分が「たまり」(旨みエキス)となって、
味噌の上部に【醤油のようなものが】生じることがありますが、品質には問題ありません。
カップの中で味噌の部分と混ぜてお使いください。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/029/
味噌から水みたいなのが出ていますが、大丈夫ですか。

味噌の熟成成分が「たまり」(旨みエキス)となって、
味噌の上部に【醤油のようなものが】生じることがありますが、品質には問題ありません。
カップの中で味噌の部分と混ぜてお使いください。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/030/
味噌の容器がへこんでしまいました。なぜでしょうか。

温度の高いところから温度の低いところへ容器を移しますと、
容器内の炭酸ガスが味噌中の水分に吸収されるため、容器内の気圧が下がってへこむことがあります。
一度ふたを開けて、容器内の気圧を戻せば元に戻ります。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/031/
味噌が赤黒くなってしまって、みそ汁が美味しくなくて食べられません。

みそ炒めやお漬物用の味噌としてご使用いただければ、
賞味期限内なら比較的風味の変化を気にせずお召し上がりいただけます。


「みそ炒め」のレシピ
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/032/
味噌の賞味期限を過ぎてしまったのですが、食べられますか。

味噌は、賞味期限が切れても、ただちに傷んでしまうものではありませんが、
褐変【(色が濃く変化)】が進んでいる場合は、風味に変化が現れます。賞味期限内でのご使用をお願いします。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/033/
味噌の表面がうっすら黒いのですが大丈夫ですか。

時間の経過とともに、表面の一部が酸化によって、色が変化したことが考えられます。
味噌は、酸化や褐変によって色が濃くなることがありますが、
体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
しかし、風味の変化を感じることがあるので、その際には取り除いてください。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/034/
味噌を冷蔵庫ではない涼しい所に1ヶ月程置いていたら、
上の方が濃くなってしまったのですが、使っても害はないですか。

時間の経過とともに、表面の一部が酸化によって、色が変化したことが考えられます。
味噌は、酸化や褐変によって色が濃くなることがありますが、
体に害とはなりませんので、そのまま召し上がって差し支えはありません。
しかし、風味の変化を感じることがあるので、その際には取り除いてください。

褐変した味噌

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/035/
先日買ってきた味噌を開封したらアルコールの臭いがきつかったのですが大丈夫ですか。

味噌に含まれる酵母は、味噌の香り成分を作り出しますが、その活動過程でアルコールを発生させる場合があります。
気になる場合は、アルコール分を蒸発させるために、ひと煮立ち後しばらく加熱することをお勧めします。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/036/
味噌の中に黒っぽい粒状のものが入っていました。

大豆を加熱した際のコゲが一部含まれてしまうことがあります。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/037/
味噌を物置においておいたら、カップがパンパンになって、汁が出ているのですが大丈夫ですか。

カップ内で味噌の発酵が進んだことにより起こる現象です。
無添加味噌は酵母や酵素が生きたままの味噌であるためカップに詰めた後でも発酵が進むことがあります。
冷蔵庫保管をすることで、その現象をおさえることができます。
尚、味噌の熟成成分が「たまり」(旨みエキス)となって、
味噌の上部に【醤油のようなものが】生じることがありますが、品質には問題ありません。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/038/
味噌全体に茶色や黒っぽいカスが混ざってることはありますか。

だしの一部が混ざっていることが考えられます。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/039/
即席みそ汁のみそ袋の縁に白い物体が混入しているのですが、大丈夫ですか。

味噌中に存在するチロシン(アミノ酸の一種)、または米こうじの一部です。
個包装のシールを行う際に、偶発的にシール面に挟み込んでしまったものと考えられます。
チロシンは、タンパク質を構成しています全20種類のアミノ酸の一つであり、
他の食品ではタケノコの水煮に白色の物質としてよく見られます。
味噌においては熟成の段階で、大豆のタンパク質の分解が進みますとチロシンが生じますが、
これは水に溶けにくい性質があるため、商品の味噌中に結晶として含まれます。
また、弊社即席商品の多くは原料に米味噌を使用しており、米糀が含まれてます。
いずれも、体の害になるものではありません。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/068/
糀甘酒が2層になっているのですが、品質に問題はないですか。
2層になってしまうことがありますが、品質上問題はありません。
※よく振ってからお飲みいただくことをお勧めしています。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/113/
糀甘酒がミルクティーの色みたいになっていたのですが、大丈夫ですか。
保存料等を加えない製品特性上、 保管方法によっては色が濃くなってしまうことがあります。
甘酒の色の変化につきましては、甘酒の原料であるお米が分解された「糖」と、
分解された「タンパク質やアミノ酸」が互いに反応することによって起こります。(メイラード反応といわれています)
尚、飲んでも身体の害になることはありません。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/114/
糀甘酒を開封して冷蔵庫に入れておいたのですが、久しぶりに飲んだら酸っぱい味がしますが大丈夫ですか。
開封後は冷蔵庫に保管し、2~3日でお飲みください。酸味が感じられた場合は飲まないようにしてください。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/115/
糀甘酒に、粒がないのはなぜですか。
甘酒を濾すことにより、なめらかで飲みやすくなるようにしています。
また、小さなお子様からでもお飲みになれます。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/116/
甘酒は、悪くなるとどうなりますか。
ピンクや緑色のカビや酸味が出る場合があります。
この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/177/
糀甘酒1000mlの注ぎ口の内側にあるアルミは、甘酒に浸かっていたり、触れていたりした場合、
人体に影響はありますか。

アルミが溶け出すことはないので、人体に影響はありません。
※アルミは中に落ちないような構造になっています。

この質問のURL
https://www.marukome.co.jp/customer/faq/detail/228/
URLをコピーしました

マルコメコミュニティ

marukome community 新商品についてディスカッションしたり、イベントへ参加したり気軽に参加できるコミュニティです。

オンラインショップ

ページトップへ
お気に入りに登録しました