NEWS RELEASE

2019年10月1日

マルコメ株式会社

マルコメ株式会社(本社:長野市、代表取締役社長:青木時男)は、料理写真共有アプリの「SnapDish(スナップディッシュ)」を運営するヴァズ株式会社(本店:東京都練馬区、代表取締役:舟田善)と、「大豆のお肉」「糖質50%オフのスイーツ粉」「糀甘酒の素」を使ったギルトフリー料理に挑戦するキャンペーンを実施。参加者を対象にした、食事と“罪悪感”に関するアンケートをまとめました。

4人に3人が罪悪感を「感じることがある」、20代以下では9割も!

本アンケートは、2019年9月に料理写真共有アプリ「SnapDish」で「大豆のお肉」をはじめとする当社のギルトフリー食材のモニターキャンペーンを通じて回答を募りました。「⾷事をする時に罪悪感を感じるか」を聞いたところ、76.1%が「感じる」と回答。特に20代以下では9割(90.9%)、40代では8割(80.4%)が「罪悪感を感じている」という結果になりました。罪悪感を感じる理由(自由回答)では美味しい⾷事はたくさん⾷べたいけれど、ダイエットや健康も諦めたくないジレンマから、罪悪感に陥ってしまうという声が多く寄せられました。「ギルトフリー」というキーワードによって、菓子・スイーツのジャンルだけでなく、普段の⾷事に関しても同様に“罪悪感”を払拭したい、減らしたい、という⽣活者ニーズが顕在化した結果となりました。

いちばん“罪悪感”を感じる食品成分は「糖質」

最も“罪悪感”を感じる食品成分を聞いたところ、半数弱(48.4%)が「糖質」と回答。次いで「脂質」が19.6%、「カロリー」が14.1%となりました。年代別では、20代以下で「脂質」が最も多く、30代以降は「糖質」に罪悪感を感じると言う結果になりました。

ギルトフリーの料理体験が食事を楽しむことにつながった人は、85.3%!

「大豆のお肉」をはじめとするマルコメの商品を用いて料理してもらったところ、77.7%がギルトフリーを実感したと回答。また、85.3%がいつもの料理と比べて食事を楽しむことにつながった、と回答しました。その理由として、次のような声が寄せられました。(自由回答、一部抜粋)

  • ・お⾁の油を気にせず料理ができて、カロリーオフのメニューが作りやすかった!(30代・東京都・女性)

  • ・作りながら、食べながら、これは大豆だー!体に良いことをしている!と思うと、作るのも食べるのも自然と楽しかったです。(30代・福岡県・女性)

  • ・言わなければ家族もお肉と区別がつかなかった。お肉を使用する場合と同じように美味しく食べれて、更にヘルシーなら、おかわりはやめておこうという我慢もなく、量も満⾜できたように思う。(40代・京都府・女性)

  • ・大豆のお肉なのに、家族が肉と思って食べているところが楽しめました。(40代・福岡県・女性)

  • ・罪悪感がなく、身体に良いものを食べているという実感がありました。(50代・香川県・女性)

マルコメのギルトフリー商品モニター投稿キャンペーン

[狙い]

お⾁の代わりに料理に使える⾼たんぱくで低脂質の「⼤⾖のお⾁」や、⼩⻨粉不使⽤でグルテンフリーの「糖質50%オフのスイーツ粉」に、砂糖代わりの発酵甘味料として「糀⽢酒の素」を使った「ギルトフリー料理」に挑戦してもらうことで、当社のギルトフリー商品を料理感度の高いSnapDishユーザーに啓発。手軽さと認知拡大を図る。

[内容]

  • ・SnapDishユーザーへの「ギルトフリー料理」モニター募集

  • ・SnapDishへの「ギルトフリー料理」写真投稿募集

食事と罪悪感に関するアンケート調査概要

期間

2019年9月2日~9月10日

対象

マルコメ商品(大豆のお肉・糖質50%オフのスイーツ粉・糀甘酒の素)のモニターを対象にアプリ内で回答

回答数

184人(10~60代の男女)

SnapDish(スナップディッシュ)を運営するヴァズ株式会社について

「SnapDish」は、料理写真によるユーザー間のコミュニケーションによって毎⽇の「⾷シーン」をサポートするサービスとして2011年5⽉より提供開始の無料アプリです。ダウンロード数は2018年4月時点で210万回を超え、料理専⾨の写真投稿アプリとしては最⼤規模となります。ヴァズは、「SnapDish」に蓄積された2,000万点を超える料理スナップと、家庭料理情報のディープラーニングを活用した「美味しそう」を判別するAIカメラの開発など、ユーザーに向けて「⽇々の料理の新しい楽しみ⽅」を提案、⾷ビジネスのマーケティング⽀援を⾏っています。

<公式サイト>

 

SnapDish: https://snapdish.co/

 

ヴァズ株式会社:http://vuzz.com/

報道関係者様
からの
お問合せ先
  • マルコメ株式会社
  • マーケティング部
  • 広報宣伝課 其田、多和
  • TEL:03-5285-0122
  • FAX:03-5285-3209
お客様
からの
お問合せ先
  • マルコメお客様相談室
  • 0120-85-5420
  • 月~金 9:00~17:00
  • (土・日・祝日・お盆・年末年始を除く)

マルコメコミュニティ

marukome community 新商品についてディスカッションしたり、イベントへ参加したり気軽に参加できるコミュニティです。

オンラインショップ

ページトップへ
お気に入りに登録しました