呉汁
呉汁とは、大豆をすり潰したペーストを入れて作るみそ汁のことで、日本各地に伝わる伝統料理のひとつです。季節の野菜をたっぷり入れれば、大豆の持つ良質なたんぱく質と合わさって栄養満点になります。すり潰した大豆の自然な甘みとクリーミーさで、小さなお子さんでも食べやすい一品です。【離乳食・幼児食レシピ】

プリント

おすすめの月齢

離乳後期(9〜11か月)

離乳後期(9〜11か月)
  • 調理時間
  • カロリー
    24kcal
  • 塩分
    0.4g
  • 糖質
    2.6g
  • 食物繊維
    0.9g

※カロリー、塩分、食物繊維、糖質は1人分です。

材料(子ども2人分)

具材

分量

  • 大豆(水煮)
    10g
  • にんじん
    10g
  • 里芋
    20g
  • 長ねぎ
    10g
  • 煮干し(頭と内臓部分を取り除いたもの)
    5g

調味料

分量

作り方

ワンポイントアドバイス
・呉汁はさといものぬめりや、大豆ペーストなどで濃厚な汁になります。とろみのある汁物は温度が下がりにくいので、子どもに食べさせる時は、表面だけでなく中まで冷めていることを確認し、やけどに注意しましょう。
・だし汁をこすときは、あらかじめキッチンペーパーを濡らして、水気を搾ってから使用すると綺麗なだしがとれます。
・さといものぬめりが気になる場合は、下ごしらえの段階で、切ったさといもを塩もみしてよく洗っておくとぬめりがとれます。
・使用する材料、水が少なめなので、直径の小さい鍋を使ってください。
・お子さまの成長に合わせ、食べる量・かたさなどを調整してください。
・調理時間に、だし汁を作る時間は含まれません。
こちらの商品で作れます
  • 料亭の味 無添加

    料亭の味 無添加

レシピ監修 小野友紀

武蔵野短期大学准教授。管理栄養士。乳幼児期の食をめぐる課題・食事援助のあり方などの研究を進めている。主な著書に『保育園の食事−離乳食から幼児食まで−』(芽ばえ社)など。

こんなレシピもおすすめです

レシピレビュー

マルコメコミュニティ

marukome community 新商品についてディスカッションしたり、イベントへ参加したり気軽に参加できるコミュニティです。

オンラインショップ

ページトップへ
エラーが発生しました
応募を受け付けました
お気に入りに登録しました